スペイン語の勉強方法については、「スペイン語の勉強方法」という記事で紹介しました。
この記事で挙げたのは、日本語で解説された参考書であり、留学前や留学中にぜひ活用してほしい教材です。これらをしっかりやれば、あなたのスペイン語はかなりのものになるのは間違いありません。

では、留学中はどのようにしてスペイン語を上達させるのでしょうか。
「スペイン語の勉強方法」で挙げた教科書を繰り返し読むのは当然ですが、
なるべく現地の人と仲良くなるようにしましょう。

友達でも恋人でも何でも構いません。
とにかく、ネイティブの人と話す機会を作りましょう。 

正規留学ではない場合、つまり交換留学や語学留学等の場合、
語学学校に通う人が多いと思います。
語学学校には各国から留学生が集まります。そして、きっと仲良くなると思います。 
留学中に築いた人間関係は一生の宝です。大切にしましょう。

しかし、留学の目的を忘れてはいけません。 
国際交流目的で留学している方は関係ありませんが、多くの方は「スペイン語の上達」または「スペイン語を使って何かを学ぶ」ことを目的として留学しているはずです。 
したがって、スペイン語の上達を優先させなければなりません。

何が言いたいのかと言いますと、
留学生同士の交流も大切ですが、彼らはスペイン語のネイティブではありません。
「類は友を呼ぶ」ではありませんが、スペイン語レベルが同じ者同士が仲良くなるので、そのコミュニティーに安住してしまうと、あなたのスペイン語力はそれ以上上がりません。

ですから、なるべく早く現地の人と知り合いになり、
ネイティブのスペイン語の速さと語彙に耳を慣らしていきましょう。
 
最初はネイティブの言っていることが全然分からないと思います。
日本で使っていたスペイン語テキストに付いているCDとは全然違うことに気がつくと思います。
でも、それでいいんです。 
自分の現状のスペイン語力を把握して目標を定め、それに向けて留学期間中頑張ればいいんです。 

スペイン語圏への留学の成功を祈ります!

参考記事:「スペイン語の勉強方法」 

スポンサーリンク